スケジュール

高機能スケジューラー  個人・グループのシームレスなスケジュール管理を実現

グループウェア「NIコラボ スマート」のワークフロー



予定の登録時に重複をチェック!

グループウェア「NIコラボ スマート」のスケジュール機能では、予定の登録時に既に登録済みの予定をチェックし、スケジュールがすでに登録されている場合には、重複スケジュールと空き時間候補を表示します。 空き時間候補をクリックすると、時間の変更が簡単にできます。


グループウェア「NIコラボ スマート」のスケジュール

SFAのスケジュールともシームレスに連携

SFA(Sales Force Assistantシリーズ)を導入すれば、SFAに日々登録している、次回訪問予定日(商談情報)や期限を設定したToDoメモを「NIコラボ スマート」(グループウェア)のスケジュールへ自動的に表示させることができます。また、「NIコラボ スマート」のスケジュールから直接SFAの入力をすることも可能となり、SFAとグループウェア「NIコラボ スマート」のスケジュール機能がシームレスかつ双方向に連携することで、同じ内容のスケジュールを何度も登録するといった手間を省きます。


グループウェア「NIコラボ スマート」のスケジュール




設備の予約を一緒にできる

グループウェア「NIコラボ スマート」の「スケジュール」機能と「設備・備品予約」機能は連携していますので、スケジュール登録と同時に、会議室やプロジェクターなどの設備・備品を予約することができます。大勢が参加する会議でも、全員の空き時間や予定を確認でき、会議室も同時に予約ができるので調整の手間がかかりません。


グループウェア「NIコラボ スマート」のスケジュール

Googleカレンダーとの連携

グループウェア「NIコラボ スマート」のスケジュールに登録すると、Googleカレンダーに連携して自動登録することができます。
また、Googleカレンダーから登録したスケジュール情報も「NIコラボ スマート」スケジュールとして、取り込みができます。


グループウェア「NIコラボ スマート」のGoogleカレンダーとの連携


Googleカレンダーとの連携を詳しくみる





タイムゾーン対応

スケジュールを含むすべての機能がタイムゾーンに対応しています。タイムゾーンを設定することで、海外のメンバーとの間であっても、現地の時間で予定を確認・調整できます。


グループウェア「NIコラボ スマート」のスケジュール




電子秘書がスケジュールを教えてくれる

アシスタントオプションを導入すれば、登録したスケジュールをアシスタントが教えてくれます。
事前通知を使用すれば、設定したスケジュール時間の○○分前に通知がきます。
また、カウントダウンの設定をすれば、スケジュールまでの残りの日数を表示することができますので、会議や訪問などのスケジュールを忘れてしまうことを防ぎます。
共有スケジュールに事前通知やカウントダウンを設定した場合は、共有者全員にその設定が適応されます。


グループウェア「NIコラボ スマート」のスケジュール

スケジュール閲覧を制限

「アクセス制限」「閲覧制限」によって、柔軟な情報セキュリティ設定が可能になっています。

アクセス制限とは、社員または部署単位でスケジュールの閲覧を制限する機能です。この機能を利用すると、登録するスケジュールに毎回閲覧制限をかける必要がなく、必要な社員や部署だけに公開することができます。
この設定は、システム設定画面によりあらかじめ設定されています。


グループウェア「NIコラボ スマート」のスケジュール


閲覧制限とは、スケジュール登録ごとにそのスケジュールを閲覧できる社員を制限する設定です。 スケジュールの内容などに応じて、その都度設定することができます。


グループウェア「NIコラボ スマート」のスケジュール


閲覧制限のあるスケジュールには、カギアイコンが付き、閲覧できない社員の画面では、X印が表示されます。なお、非表示にすることも可能です。


グループウェア「NIコラボ スマート」のスケジュール




機能一覧

UP!
ワークフロー
スケジュール
行先伝言共有
回覧板
文書共有管理
社員名簿
ナレッジ・コラボレーション
アクションリスト
交通費精算
設備・備品予約
プロジェクト管理
ウェブメール
共有メール
アドレス帳
テレワーク
テスト・アンケート
経費精算
UP!
UP!
宿泊・出張予約
マイブックマーク
NIコラボNOW!
横断検索
システム管理

無料お試し・資料請求

post image
post image