システム管理

細かいシステム設定で実現する内部対策・外部対策

グループウェア「NIコラボ スマート」のシステム管理



多彩なアクセス権設定

グループウェア「NIコラボ スマート」は、権限ロール(役割)設定の搭載により、製品のアクセス権をタイプ分けすることができます。個々の機能別に参照・登録・更新・削除など詳細な設定を行うことができます。役職や仕事内容(部門)によって、操作できる範囲を決定し、それを元にオリジナルの権限ロールを作成することができますので、それぞれ利用者に応じたアクセス制御を設定することができます。


●権限ロール一覧

管理者 (Administrator) システム設定を含めたすべての操作設定が可能。
編集者(Editor) データ(自分の登録データを除く)の削除を除く操作が可能。
作成者(Creator) データ(自分の登録データを除く)の編集を除く操作が可能。
参照者(Viewer) データ参照のみ可能。


各機能ごとに細かく権限を設定できます。


グループウェア「NIコラボ スマート」のシステム管理

ログイン情報設定

ログインのルールを設定することができます。
パスワード入力を連続で失敗すると、ロックアウトする(ログインを不可能にする)機能もついています。


グループウェア「NIコラボ スマート」のシステム管理




組織やユーザーのメンテナンス

ユーザーや組織情報は、CSVファイルで一括管理を行えるほか、各種メンテナンスが容易にできます。
また、未来の組織図を事前に設定できます。組織変更後の組織や役職情報を、日時を指定して反映できます。
人事異動の際などもユーザー、組織情報の変更を迅速に行うことができます。


グループウェア「NIコラボ スマート」のシステム管理

アクセスログ

ログイン画面への接続、テキスト出力、本人のデータ操作、他人のデータ操作等、アクセスログについては細部に渡って取得可能となっており、貴重な情報資産の不正操作がトレースできます。


グループウェア「NIコラボ スマート」のシステム管理




2段階認証

2段階認証は、通常の製品ログインに追加して、さらにパスワード確認をおこなうことで、より安全にログインするための 仕組みです。当社では携帯メールアドレス宛にパスワードを送る方式、6桁の数値(今後、セキュアコードといいます)をもとに認証する仕組みを提供しております。


グループウェア「NIコラボ スマート」のシステム管理

強固なセキュリティ「接続制限」

インターネット上のコンテンツに対して個別のセキュリティを施し、特定のIPアドレスにのみ情報を発信する、接続元IPアドレスによるアクセス制限や、インターネット上で個人情報などの大事な情報を暗号化して送信するセキュリティ技術で、データの盗聴や改ざんなどを防ぐ、SSLによる通信内容の暗号化や、自社が制定しているセキュリティポリシー上、製品接続について場所・時間・接続を限定して利用しなければならない場合には、接続制限をかけることができます。


グループウェア「NIコラボ スマート」のシステム管理

グループウェア「NIコラボ スマート」のシステム管理




機能一覧

UP!
ワークフロー
スケジュール
行先伝言共有
回覧板
文書共有管理
社員名簿
ナレッジ・コラボレーション
アクションリスト
交通費精算
設備・備品予約
プロジェクト管理
ウェブメール
共有メール
アドレス帳
テレワーク
テスト・アンケート
経費精算
UP!
宿泊・出張予約
マイブックマーク
NIコラボNOW!
横断検索
システム管理

無料お試し・資料請求

post image
post image